プロミス 在籍確認

消費者金融の審査で確認される家族の範囲

消費者金融の審査の範囲

消費者金融では融資を行うにあたって審査を実施しますが、この審査で確認される範囲は申し込んできた本人に限定されています。もちろん消費者金融の審査においては家族についても情報を登録する必要がありますので、

 

 

家族構成について全く確認が行われないというわけではありません。


ただし、それらの情報はあくまでも融資を申し込んできた本人の返済能力を確認するために必要な材料だからであり、家族にいたるまで審査対象であるという意味ではありません。あくまでも融資を行うのは、申し込んできた本人のみであり、

 

 

審査の対象となる範囲についても本人のみとなっています。


当然ながら個人信用情報機関に登録されている情報を確認されるのも申し込んできた本人だけとなります。

家族で金融事故を起こした人がいても大丈夫?

お金を借りたものの結局返済することができず、債務整理をしたことがある人がもしも家族にいた場合、消費者金融の審査ではどのような影響があるのでしょうか。実はこの点については申し込んできた本人がそのような経歴があればともかく、

 

 

家族にこうした経歴の持ち主がいても審査では全く影響はありません。


本人が借入を受けた分についてはあくまでも本人の返済能力の範囲で返済を進めていくものであり、家族がかわって返済をするものではない為です。また、消費者金融では担保や保証人を用意することなく利用する事ができますが、こうした点も含めて

 

 

本人以外の家族を審査の対象としていないと考えることもできます。


家族が資産家でも影響はない?

さきほどのケースでは、家族の中で金融事故を起こした人がいた場合でしたが、では逆に家族が資産家である場合はどうでしょうか。この場合も消費者金融の審査では評価が高くなるということはありません。いくら資産家の子供であっても、

 

 

定職に就いておらず毎月の収入が安定していない場合には・・・


消費者金融の審査に通ることは不可能です。資産家であるのはあくまでも家族であって消費者金融にお金を借りようと申し込んできた本人ではないのが審査に通らない理由です。

 

このように、家族がお金をたくさんもっていても、借金がたくさんあったとしても、消費者金融の審査では本人以外にまでその範囲を広げるということはありません。家族にどのような経歴の人がいたとしても、本人の返済能力が全てであり、

 

 

その返済能力を確認することが消費者金融の審査なのです。