プロミス 在籍確認

プロミスで専業主婦・主婦は借り入れできる?にお答えします!

プロミスで主婦がお金を借りる場合のおすすめの方法とは?

 

プロミスは主婦でも借入できますか?


主婦といえど急にお金が必要になる時というのはよくある話です。知人や友人の結婚式や家族の不幸など、様々な場面で急な出費というものはあるのではないでしょうか。

 

プロミスはすぐにお金を借りることができますので、こんな場合にぜひ利用したいところですが、ここで最初の質問の『プロミスは主婦でも借入できますか?』にお答えします。

 

 

結論からいくと、ご安心ください。プロミスは主婦であっても審査に通れば借入を受けることができます。


主婦の人がプロミスを利用するのであれば、女性専用窓口のプロミスレディースキャッシングがおすすめです。

 

プロミスレディースキャッシングとは、その名の通り女性向けの融資に特化したSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの窓口であり、金利や限度額など基本的なサービス内容については他のプロミスのサービスと同じなのですが、最大のポイントは『対応してくれるスタッフが全員女性』であるという点にあります。

 

 

主婦の人がプロミスを利用するにあたり最も気になるのは、

 

 

果たして無事に返済できるかどうか?という点です。


お金を借りた後は当然ながら返済をしていくことになるのですが、

 

 

  • その返済計画はどのように立てれば良いのか?
  • 毎月どれぐらいの金額を返済していくのが最も良いのか?

お金を借りる場合にはとにかく気になるところがたくさん出てくるものです。

 

その点プロミスのレディースキャッシングであれば、こうした数々の疑問や不安についても女性スタッフが丁寧に答えてもらえますので、安心して利用することができます。なお、プロミスで主婦の人がお金を借りるためにはパートなどで安定した収入を得ている、ということが条件となります。そのため、

 

 

仕事をしていない専業主婦の場合はプロミスでの融資対象の要件からは対象外となりますので注意しましょう。


また、既にプロミス以外でお金を借りている場合や現在の収入などについてはその金額についても申込時に正確にプロミスに伝えておくことも忘れないようにしてください。

 

プロミスだけではなく、他の消費者金融等の貸金業者では、安定収入のない主婦やそもそも収入のない専業主婦はプロミスでは申し込みができません。貸金業者だけでなく現在では、

 

 

総量規制の対象外の銀行カードローンでも、金融庁の規制により自主的に申込不可能にしているところが殆どですので、実質専業主婦の借入場所はありません


プロミスで専業主婦・主婦は借り入れできるかどうかのまとめ

 

プロミスで主婦は借り入れできるかどうかのポイントは安定収入があるかどうかということになっています。


小額でもいいので安定した収入が必要になってきます。もちろん安定収入の金額が少なければ借りれる額も小額になってきますが、初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)が使えて低金利なプロミスを利用できるならそれに越したことはありません。

 

専業主婦の借入に欠かせない総量規制の配偶者貸付について

お金を借りる時は消費者金融のカードローンのサービスを利用する事になりますが、消費者金融は総量規制の対象になっているので注意が必要です。総量規制とは貸金業者にお金を借りる事が出来る金額を制限する規制で、主に返済が困難になるのを防ぐために作られています。

 

消費者金融などの貸金業者は金利が高く設定されているので返済が困難になる可能性も高く、過去に貸金業者から借りた個人が多重債務などに陥ってしまった為総量規制の対象になっています。

 

 

総量規制の対象となっている消費者金融などの貸金業者では年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。


正確には貸金業者は個人に対して、その個人の貸金業者からの借入総額がその個人の年収の1/3以上を上回って貸してはいけないという貸金業者に対する法律になります。

 

 

年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ないという事は、安定した収入を得ていないと消費者金融でお金を借りる事が出来ません。

 

 

専業主婦は収入がないので消費者金融の利用資格がなく、基本的にはお金を借りる事が出来ません。


生計を同一とする配偶者に収入があれば合算することができるのが配偶者貸付

しかし専業主婦で配偶者に安定した収入があれば例外として消費者金融でお金を借りる事が出来ます。専業主婦が消費者金融でお金を借りる時は総量規制の配偶者貸付を利用する必要があります。正確には、

 

 

配偶者貸付の制度を利用した貸金業者にであれば収入のない専業主婦でも申込む事ができるということです。


総量規制の配偶者貸付とは夫婦の収入と借入総額をを合算させる制度で、配偶者である夫が安定した収入を得ており、夫婦の借入総額が夫婦の年収の1/3以内であれば無収入の方でも貸してもいいというものです。

専業主婦は基本的に無収入ですが、夫が年収300万円あるとすると総量規制の対象になっている消費者金融で配偶者貸付を利用しているカードローンであれば、夫の年収の3分の1の100万円まで借り入れをする事が出来ます。

 

総量規制の配偶者貸付を利用すれば夫の年収300万円の収入を夫婦の収入にする事が出来るので専業主婦でも安定した収入を得ている事になります。ただし夫が借入残額(貸金業者からの)がある場合はその分借りれる金額が減ってしまいます。多すぎれば駆りいる事ができなくなって今します。

 

専業主婦が消費者金融からお金を借りる時は配偶者である夫に安定した収入があって、その消費者金融が総量規制の配偶者貸付を利用している事が条件となってきます。専業主婦が総量規制の配偶者貸付を利用して、消費者金融でお金を借りることができれば

 

 

  • 消費者金融の審査能力を利用することができる
  • 無利息サービスなどを利用することができる
  • スピード融資を利用することができる

というメリットを活かすことができるのですが、現状では消費者金融ではこの配偶者貸付を適用させている商品は非常に少ないので、実質利用できないのです。

配偶者貸付を大手消費者金融が利用しない理由

総量規制の配偶者貸付を利用する事が出来る消費者金融は、ごくまれに中小で僅かにあるくらいで大手で利用する事が出来ません。消費者金融は中小より大手の方がサービス面が優れていますし、ほかならぬ安心という意味でも大手の消費者金融を利用する事が出来ないのはデメリットになってしまいます。

 

なぜ大手消費者金融が配偶者貸付を利用しないのかというと、申込者に対しての準備書類に手間を掛けさせてしまい、その過程で専業主婦が消費者金融に申込む事が旦那さんにばれてしまう恐れがあるからです。どのような書類を用意しないといけないかというと、

 

 

まず配偶者である旦那さんの借入に対する同意が必要です。


この時点でいきなり旦那さんに借入する事がバレてしまいます。旦那さんに相談して借入するくらいなら、正直旦那さんに借りてもらった方が早いですし、面倒な書類も必要ありません。

 

 

また夫婦である事を証明しなければいけないので住民票など婚姻関係を証明する事が出来る書類を提出する必要もあります。


これは家で準備できる書類の範囲を超えて市役所などにいいかなければなりませんし、お金も掛かってきます。また一定の借入額以上になれば、収入証明書の提出が必要となってくるので夫に収入証明書を準備してもらう必要があります。

 

専業主婦が消費者金融などの貸金業者から借入できるように補足されたはずの総量規制の配偶者貸付ですが、現状では利用している貸金業者が少なすぎ増すしメリットがない為、現状では専業主婦でも申込めるカードローンはありません。

page top