プロミス 在籍確認

カードローンの保証会社とは?

 

大手消費者金融や信販会社が個人無担保貸付のノウハウのない銀行の保証会社を受け持つ

銀行系カードローンを申し込む条件の中に「指定する保証会社の保証を受けられる方」という項目があります。この保証会社は、借り入れを申し込む人が保証人や担保を立てない代わりに銀行に対して保証人のような役となる会社の事を言います。

 

 

保証会社はプロミスカードローンを持つSMBCコンシューマーファイナンスやアコムなどの消費者金融やオリエントコーポレーションのような信販会社が担っています。


保証会社の保証を受けられる方というのは消費者金融や信販会社の審査に通過した人という事になります。保証会社の主な役割としては、上記にあげた

 

 

  • 申し込みの審査
  • 延滞した場合の催促
  • 返済されなかった場合の代位弁済

があげられます。銀行カードローンを申し込んだ場合、窓口は銀行ですが、審査から延滞の管理、最終的な弁済までは保証会社が実質的な作業を担っています。その為、銀行カードローンを申し込んだ後、延滞などをしてしまうとその催促は

 

 

保証会社である消費者金融や信販会社から届くことになります。


銀行と保証会社の関係

 

銀行と保証会社の関係ですが、多くは大手銀行のグループに入った消費者金融が銀行カードローンの保証会社として機能しています。これは、2000年代から貸金業法が改正されてきた中で

 

 

消費者金融が単独で経営を続けていくことが困難になった為大手銀行グループの傘下に入っていった事が背景としてあります。


銀行としては、個人向け融資のノウハウを有する消費者金融をグループ化することで

 

 

  • 新たな販路を見出すことができる
  • 実質的な業務は消費者金融が行うのでリスクが少ない

消費者金融側は大手銀行グループに入ることで

 

 

  • 経営を継続できる
  • 銀行というバックが付いたことから社会的なイメージもよくなる

という利点があることから統合が進みました。現在では三菱UFJ銀行や三井住友銀行などみずほ銀行などのメガバンクから楽天銀行、ソニー銀行、セブン銀行などのネットバンキングがメインの銀行でカードローンを気軽に申し込むことが可能です。

 

中には一つの消費者金融が複数の銀行の保証会社となっている場合もあるので、万が一審査に落ちてしまった場合はある程度期間が経過してから保証会社を確認して保証会社が違う銀行で新たに申し込んでみてもいいかもしれません。

page top