プロミス 在籍確認

プロミスのおまとめローンの申込み方と注意点

 

プロミスのおまとめローン利用条件って?

プロミスでおまとめローンを申し込む際、年収の3分の1を超える借入をすることが可能となります。ですが、年収の3分の1以上となるのは一時的なものであります。プロミスは消費者金融であるため、総量規制の対象となります。

 

 

総量規制とは、貸金業法で定められたもので年収の3分の1以上は融資してはいけないという法律です。


総量規制に該当する機関は、消費者金融や街金・闇金などです。逆に総量規制に該当しない金融機関としては、銀行カードローンや住宅・自動車の購入のローンなどが挙げられます。おまとめローンは、現在ある借入を一本化するという融資商品であります。

 

例えば年収300万円の人が、消費者金融で50万円のカードローンを2本利用しているとします。合計100万円の借入で、ちょうど年収の3分の1を借り入れていることになります。総量規制より、消費者金融ではこれ以上の借入を行うことはできませんが、

 

 

おまとめローンの場合は新たに100万円融資を行います


が、現在ある100万円は今回のおまとめローンで返済するので、一時的に借入額200万円となりますが、返済を行うと元通りの100万円となるので、総量規制の範囲内となることにより借入が可能となります。

 

プロミスおまとめローンの申込み手順は?

プロミスのおまとめローンは、申込→審査→契約という一連の流れがあります。申込に関しては、店頭で申し込む方法と、自動契約機で申し込む方法があります。来店すると、その場で申込から契約まで一連の手続きを完結することができるというメリットがあります。

 

 

申込後、審査が可決となれば、融資実行となります。


実行後に現在の借入金を返済し、今後はプロミスの借入を返済していくという手続きになります。プロミスのおまとめローンは、消費者金融のキャッシングやカードローン、クレジットカードでのキャッシングを一本化することができます。

 

これらのローンは高利なものもありますし、件数が増えれば毎月の返済額も増えます。おまとめローンは、現在利用している高利であったり毎月の返済額が多い借入を一本化して金利負担や毎月の返済額を抑えるという趣旨があります。借入前後の金利差や返済額の差を考えた上で申込するとよいでしょう。

プロミスのおまとめローンでは追加融資は出来ない

 

プロミスのおまとめローン商品である『貸金業法に基づくおまとめローン』は、

 

 

総量規制の例外を適用した商品で、法に基づいた商品になっていますので、総量規制の範囲を超えておまとめできるようになっています。


ですので、既存借入先へはプロミスから返済することとなっていたり、追加融資が出来ないようになっていたりと、完済に向けて集中できるような仕組みになっているのです。

 

申込の際には、既存借り入れの残高が環駆る迷彩などが必要になってきたりしますが、まとめる既存借り入れの金額が大きくなると金利も低くなり、返済回数も一回になりますので完済に向けて返済していくことが出来ます。

page top