ゆうちょ銀行カードローン在籍確認

ゆうちょ銀行カードローン「したく」は在籍確認は必須事項です

 

注意!現在ゆうちょ銀行カードローン「したく」は廃止になりました

ここで紹介しているゆうちょ銀行カードローン「したく」は、2019年8月31日をもって終了しました。そもそもスルガ銀行のローンを媒介するものでしたが、スルガ銀行との契約解消となりました。

 

スルガ銀行の方でも「したく」の新規申込みを終了し、既存の「したく」の利用者へのサービスの対応のみとなっています。

 

 

これにより現在ゆうちょ銀行の無担保個人融資(カードローン)商品はなくなりましたので、他のカードローンを検討しなければいけません。


ゆうちょ銀行のカードローンの「したく」はどのような在籍確認だったのか?

 

ゆうちょ銀行「したく」は、年齢が満20歳以上70歳以下で、安定した収入があれば、10万円〜500万円(初回300万円まで)借りられます。専用のローンカードが発行されれば、全国のATM・CDで利用可能となり、利率は7.0〜14.9%で融資を受けることができます。

 

ただ、この「したく」はゆうちょ銀行のカードローンと呼ばれていますが、実際はスルガ銀行の商品で郵便局は代理店営業をしているだけなのです。そうした事情もあり、申し込み経緯は若干複雑ですが、一般に申し込み者は規定荷従って申し込みするだけです。申し込みしますと、

必ず住所・氏名・生年月日・居住年数や居住形態(持家なのか借家なのか)などを記述させられます

が、「勤務している会社と勤続年数」については重要視され、まず、本人確認の電話が掛かり、続いて契約時には勤務先への在籍確認があります。在籍確認というのは、本人が申請書に書いた会社名が事実がどうか確認するために行ないます。

 

どんな方法で申し込んだ場合も、必ず審査途中で「在籍確認」は行われます。どんな方法で行なうかといえば、担当スタッフが申込者の勤務先に電話をかけて

 

 

申込者が勤めている実態があるかどうかを確認するのです。


では、どのように行なうのかといえば、

本人が勤務先に不在でも在籍確認だけすればいい

ので構わないのです。そこで、カード会社と知られないように、架空の名前で「○○課の○○さんはいらっしゃいますか?」と電話をしてきます。すると、担当者は在籍していれば「○○は只今外出しております」とか返答をするでしょうから、それで、すでに在籍確認は完了したことになります。

しかしどうしても在籍確認の電話を避けたいという方はプロミスへ

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

 

また、本人が勤務先にいる場合でも本人であるかどうか確認します。つまり「生年月日」や「住所」などの基本的な事を聞かれるだけで、在籍確認は完了ということになります。また、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの在籍確認なども同様です。

 

在籍確認についてはカード会社もそれなりに配慮はするとは思いますが、通常会社へかかってくる電話というのは取引先などからの電話が普通ですから、そのあたりで「社名を名乗らない」人からの電話だとカード会社だと悟られてしまう可能性もないとは言えません。

 

そうしたことを避けたいと思うのなら、あらかじめ「在籍確認の電話がかかってくるかも」と先に会社の担当者に伝えておくのも一考でしょう。ともかく、ゆうちょ銀行からの借入するなら「したく」になりますが、必ず在籍確認はしますので、その心の準備はして、申し込むことが必要でしょう。

ゆうちょ銀行のカードローンは即日審査は不可能でもちろん即日融資も不可能

 

ゆうちょ銀行のカードローンについてはスルガ銀行が代行しておりその審査スピードは最短でも翌日になってしまいます。もちろん在籍確認の電話も翌日以降になってしまいます。即日審査を希望すると言うことは

 

 

今日中にお金を借りたい!(即日融資)


という要望があるからですので即日融資可能なカードローンを選ばなくてはなりません。

 

スピード審査⇒即日融資ならやはり消費者金融のカードローンしかも大手のプロミス・アコムです。

スピード融資でアコム・プロミスを選ぶ理由

 

  • 金利もゆうちょ・銀行カードローンに準ずる低金利
  • 大手銀行の保証会社も務めるので審査をしっかりしてくれる
  • 自社審査なのでスピード審査
  • 無利息サービスがあるので金利も優遇
  • 契約完了で原則即日振込可能
  • 全国に多数ある自動契約機にてオンライン契約完了で即日カード発行可能

ゆうちょ銀行のカードローンの審査

 

ゆうちょ銀行は、2007年の郵政民営化によって誕生した銀行です。もともと郵便局では郵便貯金や簡易保険など、銀行的な業務を行ってきましたが、現在のゆうちょ銀行では住宅ローンをはじめ、各種ローンを展開しています。

 

なお、こうした各種ローンについてはスルガ銀行が実際に行っており、ゆうちょ銀行ではスルガ銀行の窓口として提携していることになります。

 

そんなゆうちょ銀行の展開するカードローンですが、「したく」という商品名で展開されており、こちらは実質的にスルガ銀行が展開する商品となっていまするため、融資を受けるためにはスルガ銀行の審査を受けることが必要となります。

 

ゆうちょ銀行のカードローンの特徴は、最高で500万円まで融資を受けることができるワイドな利用幅と、年7.0%〜14.9%という低金利にあります。

 

スルガ銀行の代理店窓口となっているものの、ゆうちょ銀行のカードローンの場合「銀行系」のカードローンとなっているため、消費者金融などの借入額を規制する「総量規制」の対象外となるというメリットもあります。

 

ちなみに、銀行系のカードローンではありますが、審査結果についてはその日のうちに受け取ることができなくなっています。

 

審査については最短でも翌日以降になってしまい、土日を挟むと4日以上も掛かってしまうこととなりますので、急いでまとまったお金が欲しいという人はアコムマスターカードで有名なアコムのスピード融資がお勧めです。

 

また、こうした銀行のカードローンの場合は、そのカードローンを申し込んだ銀行に口座を作っておく必要がある場合が多いのですが、ゆうちょ銀行のカードローンでは改めてゆうちょ銀行に口座を作っておく必要がないという利便性の高さもメリットといえます。

 

申し込み方法もインターネットをはじめ、郵便局の窓口での申し込みや電話による申し込みなど多くの形態に対応していますので、やりやすい方法で申し込むことができます。

 

なお、電話かインターネットで申し込む方法もあります。クレジットカードの即日審査・即日発行ならダントツでアコムマスターカードがおすめです。

 

 

嫁に内緒でキャッシングしたいんだけどなぁ・・・


という時にはバレずに申込めるWEB完結のあるプロミスが最適なカードローンです。

page top