楽天銀行カードローン在籍確認

楽天銀行スーパーローンも当然カードローンの在籍確認がある

 

 

楽天市場やネットバンクの楽天銀行、さらには楽天イーグルスやヴィッセル神戸、台湾の球団のラミゴなどで楽天の知名度はますます増していますが、その銀行のカードローンが楽天銀行カードローンのスーパーローンです。

 

 

楽天銀行カードローンも誰しもが困ってしまう、会社への電話による在籍確認が必須事項になっています。


 

会社に楽天銀行カードローンから電話が来ると、お金に困ってるんじゃないかとか思われると格好悪いですし、現金を扱う会社だと使い込みの恐れありの人物になってしまい仕事になりません。

 

 

だから楽天銀行カードローンに会社へ電話されると困るんだよ!


 

しかし在籍確認はどんなカードローンでもかならずあるものですので、楽天銀行カードローンも避けることはできません。ではどうすればいいのか?

 

 

会社への電話連絡以外の確認方法で在籍確認してもらえばいいのです。プロミスなら会社への電話連絡以外の確認方法で在籍確認してもらう相談も可能です。


 

でもプロミスより楽天銀行カードローンの方が金利が低いんじゃないの?


 

という声が聞こえてきそうですが、大丈夫です。楽天銀行カードローンを申込んでお金を借りるのに、まず50万円以上必要とする方は少ないでしょうし、50万円以上の借入枠が出ることも多くありません。

 

そうなると最高金利が適用され、楽天銀行カードローンの場合は年14.5%でプロミスの場合は実質年率17.8%と利息換算しても違いは少ないのです。

 

 

さらにプロミスでは初回30日無利息サービスも利用できるため、トータルで楽天銀行カードローンよりも利息は低くなる可能性が高いのです。


※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能

 

ですので楽天銀行カードローンを検討したいけど、会社に電話して欲しくないという方は、プロミスに申込んでプロミスからの電話が掛かってきた際にオペレーターに相談すれば、電話以外の在籍確認の方法を案内してくれますよ。

 

プロミスで在籍確認の電話を別の方法で済ませる相談をする

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

編集部で実際に楽天銀行カードローンに申込んだ際の在籍確認の状況

 

 

先月、楽天スーパーカードローンを申し込みました。申し込みの理由は、当然、お金が足りなくなり、どこで借りようか迷った時、楽天の広告で金利半額キャンペーンを実施していたからです。


 

金利半額は非常に魅力的でした。自分の場合、楽天市場を利用しており、ゴールドランクであったため、少しは金利がやくすなるかと思い、申し込みました。

 

申し込みは、楽天銀行の口座を開設していたので、そのサイトから申し込みをしました。楽天銀行の口座を開設していたため、提出物は所得証明書と運転免許証のみ。これは携帯で撮影し、転送して終了。

 

 

その後、審査の回答があり、最終的な金利は7.25%の適用。ただ金利半額キャンペーン実施のため、実際は最高金利の14.5%でした。(現在は金利半額キャンペーンはしておりません)

 

ただし、なのです。この金利半額キャンペーンは、借り入れ1ヶ月間だけの適用なので、2ヶ月後以降は通用金利になってしまうのです。

 

 

楽天はこういうような際どい戦略をしてきますので、楽天のサービスを利用する際は。サービスの趣旨をよく理解してからにしましょう。


 

非常に微妙なところです。楽天銀行カードローンは銀行カードローンなので審査に二日以上掛かりますが、私の場合は申込みから五日後に審査が通った連絡があり、その際後日勤務先に連絡を入れるとの内容で、その内容を了解し電話を切りました。

 

 

次の日、午前11時頃でした。会社に連絡がきました。ただ、自分の会社の場合、個人それぞれが電話番号を持つダイヤルインの形式なので、自分の電話に連絡がありました。これが、他の電話だったら、すぐにばれてしまうので、その点は非常に便利です。


 

ただ、実際に電話をかけてくるのだと思いました。また電話をかけてくる際ですが、楽天銀行カードローンとは名乗りません。個人名で「高橋」や「田中」などの名前です。

 

この名前は前日に楽天銀行カードローンのオペレーターから連絡があった際に、楽天側で伝えてくるので安心です。ちなみに自分の場合には、田中だったと思います。

 

そして、電話連絡が確認が取れれば終了です。その後はインターネットサイトで利用が可能になります。カードローンのサイトにログインし、金額を入力するとすぐに振り込まれます。

 

これは土日関係なく、対応しているため非常に便利です。また、返済の場合のもサイトから返済できます。なお、楽天の場合、楽天の口座を開設していた方が、手数料はかからないのでお得です。

page top